読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

積み木を積む、ものをかくす(1歳2か月)

「缶詰は積むのに、積み木は積まない」と母ちゃんが言っているそばから、こめさんはまめたろうに積み木の積み方を教えていたようです。気がついたら、積み木を詰めるようになっていました。

 

とはいえ、父ちゃんと母ちゃんが積んだ積み木はがんがんに壊しにかかります(笑)これはこれで正しい遊び方のようですが。

 

そして、最近の、ちょっとときどき困る行動は、「ものをかくす」。

 

「箱から箱へ」、おもちゃを移動させて遊んでいたところから、「ある場所からある場所へ」移動させるようになりました。つまり、移動させる距離がぐーんと伸びたということのようです。

 

こうして、「自分が世界を変えている!」という実感をひとつひとつ確かめている、ということなのだと思うのですが、どこに行ったか大人がわからなくなってしまうのでちょっと困りものです。缶詰が洗濯かごに入っていたり、おもちゃが野菜を入れておく段ボールに入っていたり、なかなかおもしろいことになっています。

 

まめたろうとしては「かくしている」つもりはなく、「移動させている」ということなのだと思うのですが、実際のところはどうなのでしょう?本人に聞いてみるしかないのですが、まだはっきりした言葉としては、「たっち!」「おーてーて」くらいしか言えないので、難しそうです(^^;)

 

「おーてーて」は、いただきます、ごちそうさまのときに言うようになりました。「手を合わせましょ」と毎回言っていたからかなぁ。