わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

二人暮らしの大変さ(親業修行中)

とびひが広がったように見えたので、病院に行くためはじめて仕事を休みました。

今週は夜に会議があったり、仕事終わりに病院に行ったりして疲れたのか、やけにイライラしがちな1週間。いつもなら作ったご飯を食べてくれないくらいで怒ったりしないのですが、まめたろうがつくったご飯を拒否した上に納豆ご飯をリクエストしてきたことに、激しく怒れてしまいました。

疲れてるのに、夜まめたろうが寝たあとに朝ごはんの仕込みをして、今朝も早起きして作ったのに!栄養たくさんとってほしくてがんばってるのに!なんでそれよりも手軽な納豆ご飯を欲しがるのか!!!‥‥と。

こうやって書き出してみると、自分でも笑えてきます。まめたろうは納豆ご飯が好きという、ただそれだけのこと。むしろ、「納豆ご飯で満足してくれるなら、朝ごはんがんばってつくらなくてもいいな〜、よしよし」と、いつもなら思えるようなことでした。

ここまでイライラしてしまったポイントとしては、以下の三点が考えられます。


◎慢性的な寝不足→これが産後から現在までずっと続いています。解消するためには断乳するしかない。

とびひの治療→薬を塗って、ガーゼでふさぎ固定するという作業を5箇所。その間まめたろうが大人しくしているわけがない。しかもやっとガーゼで固定しても、その上からかいたり、そもそも汗をかいて取れちゃったりする。「苦労して固定したのに!」という気持ちになる。


◎病院に行くべきかどうか、仕事を休むべきかという判断を自分一人でしなければならない
→地味にきつかったのがこれ。もちろんこめさんに電話したり写メしたり相談はするけれど、最終的な判断はわたしのみ。


今回はとびひということもあり、早い処置が1番なので病院に行くためお休みしました。ただのむしさされだったのですが、それもとびひをかいた手で触ったら危ないからということでお薬をもらいました。この判断で、結果的に良かったのだと思います。

こんなとき、こめさんがいてくれたらなぁ。もうひとり、家族がいてくれたらなぁ。毎週末、じじばばに来てもらっているのに、そんなことを思ってしまった今週でした。