わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

手足口病になる(2歳0ヶ月)

昨日のお迎えのときから、なんか手が熱いなぁ、熱が出そうだなぁ、と思っていたのですが、予想通り夜に微熱。泣いたり咳き込むことはなかったのですが、まあまあの微熱。


そして今朝。引き続き微熱、それに加えて、口、手のひら、足の裏に発疹が。これは今警報の出ている手足口病だなぁ、ということで、病院に行きました。


予想は的中、手足口病でした。これは特効薬はないので、自然に治るのを待つしかない、ということ。


口の中の口内炎が夜になるに連れて酷くなっていったようで、朝、昼、夜と、どんどんご飯の食べが悪くなって行きました。


夜はほんとうにかわいそうで、みていられなかったです。お腹が空いているからいろいろ食べたくて、おにぎりとかバナナとか催促してみるのですが、一口食べるともう痛い。そして泣いちゃう。お茶を飲めば良くなるかと思っていっぱいお茶を飲む、でもそれも痛い、、、と。大好きなバナナなのに、バナナこわい〜こわい〜と泣きながら言うのがかわいそうでした。


せめておかゆにしたり、バナナもペーストしてみたりしているのですが、口内炎が口全体にあるのでどうしようもない様子。


そうすると、ねんねの授乳も当然痛いわけで、強制断乳状態に!


身体はかゆいし、口の中は痛いし、おっぱいは飲めないし。そして微熱もある。気を紛らわせるためにテレビを見ていたのですが、これだといつまでも寝ない。


10時を超えたところでおんぶをして、号泣させながらゆらゆら、うろうろ。もう疲れた!となったところで降ろして、しくしく泣くまめたろうをトントントン。泣き疲れたようで、そのあとはすっと寝ました。


ただ、強制断乳状態のため、夜におっぱいを求めて起き、でも飲めずに号泣、というのを繰り返すことに。明け方には、なにかコツを覚えたのか気がつくとおっぱいを加えていました。


明日には少しでもよくなって、ごはんも食べられるといいのですが。