わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

待ち遠しくてたまらない(2歳3か月)

この三連休は、こめさんの実家にまめたろうと2人で帰省して過ごしました。

 

前日の夜、わたしが荷物を詰めたりしていく用意をしながら、「明日新幹線にのっておばあちゃんのおうちに行くよ。いとこのおにいちゃん、おねえちゃんにも会えるよ」と言ったら、まめたろうは嬉しくなってしまった様子。

 

まず、自分のトーマスリュックに自宅にある全てのトーマスシリーズを入れ、明日着ていく服を自分でセレクトし、それを着ると言って泣き出しました。

 

まあ朝着替えさせる手間が省けていいか~、と思って、上だけ着せるも、なんだか下も着たい様子。そして、「寝るよ」というと、「ねない~!しんかんせん、いく~!おにいちゃん、あそぶ~!」と。

 

予告するのがちょっと早かったかな…と母ちゃん少し後悔。「明日」の概念がまだはっきりとはわかっていないわけだしなぁ…さてどうしよう。

 

「まめたろう、おばあちゃんともしもししてみようか」「うん」

 

ということで、祖父母とテレビ電話をして、「明日待ってるからね。明日おいでね」と言ってもらうことで、なんとか落ち着き、寝ることができました。

 

さて、そうして迎えた1日目。

 

【行きの移動】

〇駅まで:チャイルドシート付きのタクシーで移動。

・最初はおとなしく座っていたものの、途中チャイルドーシートから脱走したいとぐずりはじめたので、歌ったり絵本を読んだりしてやり過ごす。

・早朝だったので、渋滞もなくすんなりと駅に到着。さすがに早すぎたため、まめたろう初スタバ(まめたろう自身のリクエスト)。

 

〇新幹線で移動

・通路を歩いたり、連結部分のドアから外を眺めたりして過ごす。

 

〇電車での移動

・ここで祖父母と合流。まめたろう、ひさしぶりのおじいちゃんおばあちゃんにちょっと人見知り。

 

と、無事におうちについて、1日目はちゃんとお昼寝もすることができました。

お昼寝のあとは、近所の保育園の園庭で1時間ほど遊んで帰宅。夜もいつもどおりにねんねすることができました。

 

ただ、「お兄ちゃんは~?」と何度も繰り返し言っていたまめたろう。「お兄ちゃんはあしたよ」「ほんと~?」「ほんとよ~」というやりとりを、何度か繰り返しました。そんなに好きなお兄ちゃんと会ったら、明日どうなってしまうんだろう?笑