わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

子育てに向いているかいないか(親業修行中)

「子育てに向いていないんじゃないか」と、ときどき、もしかしたら頻繁に思うことがあります。

 

土日や祝日をまめたろうと2人で過ごすときは特に顕著。ずっとまめたろうの遊び相手をしているのは、私は無理です。帰宅してから、ずっとまめたろうの相手をしているのも、どうしても無理。

 

子どもと1日中遊んでいても全然大丈夫!疲れない!むしろ楽しい!という人も、きっと世の中にはいるのだろうなぁ…。私は無理です。

 

こんな風に、おかあさんによって来てくれる時期なんてきっとあっというまで、気づけば親と一緒なんていや!という時期に突入しているのだろうと思うと、「おかーさん」って近づいてきてくれるこの時期を大切にするべきなのかもしれないのだけれど…。

 

横になっていると、かーちゃんの上に登ってくる。眠くてうとうとしていると、絵本を顔に向かって投げつけてくる。髪の毛を引っ張ったり、顔を叩いたりする。それが全部、わたしに相手してほしい、自分のことを見てほしい、というメッセージなのだということも、わかってはいるのだけれど。こういうときに、こういう痛いことをされると、かーちゃんは怒っちゃうのです。痛いことをするのは怒るべき事項かもしれないから、それはいいのかもしれないけれど、そういう行為を引き出しているのは、かーちゃんの態度なので、なんだかどうなんだろう…と思ってしまったりもする。

 

ふと気になって、「子育てに向いていない」で検索をかけてみました。すると、「子育てに向いていない、と検索をしているあなたは十分向いています。むしろ、子育て100%完璧にできてる!と思っている人のほうが心配です」というような文章にぶつかりました。た、たしかにそうかも…!

 

そして、「子どもは成長していくから、「今」向いていないと感じても、思春期や反抗期の子どもと上手に向き合えたりなど、「今」とは違う課題に出会ったときに、できることがあるかもしれない。子育てという長いスパンを考えたときに、「向いていない期間」があるのは当たり前」、「向いていないこと・向いていることがそれぞれにある」、という説明が、なんだかすっと落ちました。

 

これはこれまでの「仕事」としての「教育」と一緒なのかもな、と。いろんな学校段階の子たちの「教育」に携わってきたけれど、得意な事・苦手な事があったなぁ、と。息子とのいろんなやりとりも、得意なこと・苦手なことがあって当たり前だよなぁ、と。

 

一番大事なことは、まめたろうが健康に暮らせていること。1日3食+おやつ+α食べて、お昼寝も夜もしっかりしていて、熱を出しても1日で治るような、健康な子(歯磨きが心配ですが)。

 

「向いているか向いていないか」で悩んでも、あんまり具体的な解決にならない。そのときそのときで、できること・できないことを考えるしかないのだろうな、そうやって悩むことが子育ての上で大事なのだろうな、と、そんな風に思う今日このごろです。

 

 

おしゃべり上達中(2歳4ヶ月)

まめたろうのおしゃべりは、どんどん上達中です。

最近よく話すことばなどを簡単にメモしておきます。


◎パジャマのズボンをはくと、トーマスを手に待って、「とーますとおなじだねー、とーますとおんなじ、あおだねー!」


◎「ちょっとまってて!」と言って、なにかを持ってくる。だいたい、アイスとかお菓子とか。


◎「ぜんぶ、じぶんで、できたよー!」

歯磨きやお風呂につかったりあがったり。


◎「あっち、いきなー!」「あっち、行ってー!」

全部自分でやりたいとき、あっちに行けと言う。


◎「みてー、まめた、すごいでしょー?」

トーマスたちをきれいに並べたり、すごいポーズをとったりしたとき。


◎「きょーかーさー、みたーい!」

きょー→トップハムハット卿

かーさー→おかあさん

つまり、「トップハムハット卿のおかあさん」(トーマス)を見たいということだった。最初なにを言っているのかわからなかった。


◎「えっとー、どれにしようかなー」

本棚から絵本を取り出すとき。


◎「えほん、よんでー」

きづけば、えほん、という言葉を言うようになっていました。




さみしんぼう(2歳4ヶ月)

家族三人のときは、本当に笑顔が多いので、2人になったときのまめたろうの様子が「さみしそう」に見えます。

 

お父さんが帰った日の夜は「だっこして!だっこ!」の嵐。どこに行くにも何をするにも、じっとしているだけでも、「だっこして!」と言うまめたろう。いつもならテレビはひとりで見ていられるのに、席を立つと、「だっこ~!!」と泣きます。

 

「さみしそう」に見える、というか、実際に「さみしい」のだろうなぁ。母ちゃんはぎゅーっと抱っこしてあげられるだけ抱っこして、それでも抱っこできないこともやっぱりあるから、そのときはちょっと我慢してもらって…。

 

さみしんぼうのまめたろうのおうちでの相棒は、やはりトーマスシリーズでしょうか。「おーい、みんな~、ごはんたべるよ~!」と、全員をテーブルに並べ、かつ、夜寝る時も、全部をお布団の上に並べて寝かせていました。

 

夜も、泣いて起きる回数がちょっと多め。何かを思い出しているのかな?

 

さて、そんな1日を過ごした翌朝は、わりとさわやかに起きてきました。寝ているトーマス達に、「おはよ~!あそぶじかんだよ!」と声をかけ、一人ひとりを起こしてあげるまめたろう。

 

ちょっぴりさみしいけれど、楽しいことも毎日の中にはたくさんあるからね。ついつい家事を優先しがちな母ちゃんなので、本当に優先しなきゃいけないことを考えないとなぁ、と思うのでした。

 

 

大好きなお父さん(2歳3ヶ月)

今月のお父さんの日がやってきました。まめたろうは嬉しすぎて、ハイテンションでニッコニコ!毎日一緒に暮らしている母ちゃんですが、こんなにニコニコのまめたろうを見るのは毎月このときだけです。


「お風呂誰と入る?」「おとーさんと!」

→お父さんと脱衣所にいき、扉を閉め、あげく、「おかーさん、あっちいきなー!」と遠くに行けと言う。


お出かけのときの抱っこも、ずっとお父さん。疲れるかなと思っている変わろうとすると、「おとーさん!」と、断固拒否。


こんなにお父さんが大好きになってくれて、本当に嬉しいです。お父さんも嬉しそう(*^_^*)



ただ、眠かったり疲れ過ぎているとやっぱりお母さんらしく、遠出したときの帰りはお母さん抱っこに。そこはまめたろうなりの使い分けがあるのでしょう。


この3日間、目がさめると、お父さんとお母さんに挟まれていることが相当嬉しかったようで、毎朝起きるなりニッコニコのまめたろうでした。


次は3週間後。それが終わればすぐにクリスマスと年末年始。長い時間3人で過ごせるのが、今から楽しみです。

まめたろう流おままごと(2歳3か月)

ごはんを食べるときも、机の上にはトーマスとパーシーを必ず並べます。そして、最近は一緒に食べているつもりになっています(^^)

 

「とーます、ぱーしーさん、いただきます!」と声掛けをすることもありますが、このあいだ面白かったのは、お菓子を食べていたときのこと。

 

そのときは、まめたろうの持っているトーマスシリーズが机の上に勢ぞろいしていたのですが、それを見ながら、「みんなも、たべるか~?」と聞いたのです。笑。そして、「じゅんばんばん!」とも。

 

そして、1つずつにそのお菓子を近づけてあげて、「あむあむあむ、おいしいね!」と言うまめたろう。そしてそのとなりのパーシーには、「ぱーしーさん、じゅんばんばんよ~」と、順番を待つよう促す彼。

 

 

普段、保育園でそんな風に言われているのかな?それにしても、これってある種のおままごとだよなぁ、おままごとって、電車でもできるんだなぁ…と、最初はちょっと驚いていたわたしです。おしゃべりするトーマスシリーズだからこそなのかもしれませんが。

 

おかあさんの、たべちゃった!(2歳3か月)

食いしん坊のまめたろうは、自分の好きなものがあると全部自分のものにしようとします。

 

まめたろうがみかんを食べているときに、「おかあさんにもひとつちょーだい?」というと、こっちに見せつけながら食べることあります。おかあさん食べたいの?でも、あげないよ!と言わんばかりの表情。いつもは早食いのくせに、こういうときに限って、しっかりむしゃむしゃとゆっくり噛んで、見せつけてきます。

 

さて、これもみかんを食べようとしていたときのお話です。2つみかんを持ってきて、「こっちはおかーさんの、こっちは、まめたの!」と自分で言っていたまめたろう。

 

わたしたちはみかんを向いたあとに、1つ1つバラバラにしてお皿にいれ、そこからとって食べるのですが、そのとき事件が起きました!

 

私のお皿に1つ1つみかんを置いていくと、まめたろうが片っ端から食べていきます。それも、ものすごい早いスピードで!まだ口の中に残っているだろうに、どんどん食べるまめたろう。

 

そして食べきった彼が言うことには、「あ、おかあさんの、たべちゃった~!」、と!

 

あんまり満面の笑みで言うので、笑えてしまった母ちゃんでした^^

ほんとに?(2歳3か月)

最近のまめたろうの口癖のひとつが、「ほんとに~?」です。

 

これも出典は母ちゃん。なぜかというと、まめたろうが「みかん、たべたいのよ~」というので、みかんの皮をむいてあげても、食べずに残す、ということが続いたことがあったので、「たべたいの~」と言われても、「ほんとに~?」と聞き返してしまっていたせいです。

 

「とーますさん、みたいの~」

「じゃあ明日、朝起きたら見ようね」

「ほんとに~?」

「ほんとよ~。」

「とーますさん、みるの~」

「うん、見ようね」

「うん」

 

やりとりとしては、こんな感じ。そのときすることではなくて、今度することについて話したり約束したりすると、「ほんとに~?」と聞いてきます。そういう使い方をするので、「今度」「今じゃない」ということは理解しているのだろうなぁ、と思います。

 

「明日」についても、概念としては理解しているんだけど、先日の新幹線みたいに、とっても嬉しい、楽しいことだと「明日」まで待ちきれずに、「今すぐ行きたい!」となってしまう…という感じなのかも?と。

 

それにしても、こっちの口癖がすぐうつるので、自分が最近どんな風にまめたろうに話しかけているのかがわかってしまいます。