わがやのはるーまめたろう日記ー

わがやに新しい季節がやってきました。まめたろうの成長記録です。

飛行機とおまもり(2歳1ヶ月)

かあちゃん実家から、父ちゃんのおうちへの移動日。車→飛行機→飛行機、という旅程で、3年間さんざん飛行機に乗ったのに未だに飛行機苦手なかあちゃんは、ビクビクしていました。


一方、まめたろうは、車の次にのった乗り物が飛行機というツワモノ。これまでも飛行機の中で困ることはあまりありませんでした。とはいえ、自己主張がはっきりしてきた今日この頃、今回の飛行機はおとなしくしていられないだろうなぁ、と覚悟して臨みました。


というのも、前日、「明日飛行機に乗って父ちゃんのところに行くよ」と伝えると、「ひこーき、こわい!」と言うのです。乗り物好きで、いつも乗り物図鑑を見ては飛行機も熱心に見ているくせに、飛行機が怖いだなんて。いや、母ちゃんは怖いけど。


案の定、当日最初の空港に着くと、飛行機がたくさんあって嬉しそうに見ていたのに、「じゃあ飛行機乗るよ」といったら、ちょっと泣き出してしまいました。


「いやーいやー、ひこーき、こわいー」

「大丈夫だよ。かあちゃんも一緒に乗るよ。他にもたくさんの人が乗るよ。ほら、まめたろうのおともだちも載ってるよ」


ちょうど夏休み時期のこともあり、まめたろうと同年齢かそれ以下の子連れ家族がそれなりにいました。他の子達も入って行くのをみて、かあちゃんに抱っこしてもらいながらですが、飛行機に乗り込みました。


さて、結果的には、その便は離着陸共にかなり揺れて、母ちゃんは生きた心地がしなかったのですが、まめたろうはなんと、ほぼ寝て過ごすというツワモノぶり。飛行機が出発するときに恐ろしくてかあちゃんに抱きついていたら、そのまま寝てしまったのです。他の子どもは泣いている子もいたのに、すごいなぁと驚きました。


次の飛行機では泣くこともなくすんなり搭乗。ただ、離陸のときは少し怖いようで、なぜかお茶のペットボトルを抱きしめて、その上で母ちゃんにしがみつきます。


最初の飛行機のときも、なぜかペットボトルを抱きしめていたまめたろう。彼の中では、かあちゃんに抱きつくだけでは足りず、ペットボトルにもお守り効果を求めたようです。


なお、二つ目の飛行機では隣席のおばあちゃんおじいちゃんにとっても可愛がってもらい、あっというまの2時間を過ごしました。


新幹線といい今回といい、移動運の強いまめたろうでした^ - ^

母ちゃん実家でのトイレ事情(2歳1ヶ月)

自宅では、決まったタイミングでトイレに行くよう促し、あるいは本人が行きたがったときにトイレでおしっこをする、という形になっていたトイレ事情。


今回、少し長めに帰省することもあり、トイレをどうしようかなと迷っていたのですが、これから何度も帰省することを考えて、補助便座を買っておいておくことにしました。


さすがにアンパンマンの補助便座だとお値段そこそこしちゃうので、ノーマルなピジョンの補助便座に。


初日はトイレができたのですが、それ以降、まめたろうはトイレに行くのを怖がって拒否するようになりました。というのも、母ちゃん実家のトイレは自動洗浄機能があり、自分が流したわけでもないのに、ジャーっと水が流れるのです。どうやら、それが怖い様子。


それなら、ということで、二階にある自動洗浄機能のないトイレでトイレをさせてみることに。最初は警戒していましたが、ここは大丈夫だとわかると、落ちついておしっこすることができました^ - ^


今度から、母ちゃん実家でのトイレは二階でするのがお決まりになりそうです。

2語文が増える(2歳1ヶ月)

すっかり、おしゃべりで他者とやりとりするのが普通になりました。気づけば、1語文メインだったのが、近頃は2語文がメインになりつつあります。


あっち、いくー

ぼーる、とってー

おかあさん、どこー

いっしょ、いくー

ねんね、するー


パッと思い出せるだけでもこれくらい。もちろん、まだ何言ってるのかわからない言葉もあるし、かあちゃんしか聞き取れないワードもあります。

 

ただ、今のわかることばなら、2語文(名詞+動詞)で話そうとしているのがわかります。


こちらの話している言葉も、かなり理解しています。自分が話せなくても、聞き取ることはほぼできていると言ってもいいかもしれません。


まだ、「明日」とか、「あとでね」という時間の感覚はない様子ですが、過去のこと、まあそういうことをした、ということの理解はできています。


今理解している概念図を一度描いてみたいものです。彼の概念図はどうなっているんだろう。それを描くと、まめたろうが何に関心を持って、どういった概念を中心的に獲得してきたのかがわかるような気がするのです。



うんてん、させてー!(2歳1ヶ月)

すっかりかあちゃんの実家にも慣れ、車でお出かけして帰宅すると、周りの景色で「ついたー」と言うようになったまめたろうです。


慣れてきたまめたろうが、とってもしたかったこと。それは、「うんてん」です。


前住んでいたところでも、車に乗ると運転席に乗りたいと騒ぎ、乗せると飽きるまで車のハンドルを動かしたり、ワイパーやらなんやらのボタンを押したり、ときにはクラクションを鳴らしてしまったりしたものでした。


先日、初めてキドキドに行ったときのレンタカーでも、運転席に座りたがり、父ちゃんに座らせてもらっていたまめたろう。


そんな彼が、かあちゃん実家で車の運転をしたがらないわけがない。


そんなわけで、今日は出発前と帰宅後、おばあちゃんに抱っこしてもらって運転席へ!ハンドルを触ったりして、満足した様子。と思ったのですが・・・


「さあ出かけるからチャイルドシートのろうね」と、後ろに座らせようとすると、座るのを激しく拒否!「うんてん、するー!」言うのです。


「おばあちゃんに運転はお願いしようね」と言い聞かせたのですが、「うんてんー、うんてんー」と、なかなか納得してくれなかったのでした。

「これは?」と聞く(2歳1ヶ月)

自分の知らないもの、わからないものを指差して、「これは?」とたずねるようになったまめたろう。


絵本でも、「これは?」と、わからないものがあると指指して聞いてきます。ひとつずつ答えてあげると、どんどん、次々、「これは?これはー?」。そして、教えてあげたことばをへたくそなりにリピート。


自分の知っているもの、わかるものがあると、「あ、ぶっぶー」など、嬉しそうに話す一方で、自分の知らないものを教えてほしい、という気持ちも育ってきた様子です。



トトロ、こわい(2歳1ヶ月)

かあちゃんの実家に帰って来ました。約一週間ほどの滞在予定ですが、残念なことに天気が雨。なかなか外に遊びに行けません。


外遊びに行かないとなると、ズレるのがお昼寝の時間。2時半から3時の間に寝て、5時前くらいに起きるというペース。そうすると夜も自動的に遅くなります。


移動も多かったし、いつもと環境も変わるし、朝晩もいつもより遅めでも、のんびり過ごしたらいいかなぁ、と思っているかあちゃんです。


さて、お家で遊ぶのも限界があるわけで、そうなるとテレビ頼りになります。いないいないばあやおなあさんといっしょもいいのですが、何より母ちゃんが飽きている(笑)。たまたまトトロの録画があったので、見てみることにしました。


絵やおもちゃなんかで、トトロ自体は認識していたまめたろう。でも、アニメとしてみるのははじめて。最初から最後まで集中して見ていたのですが、大トトロとネコバスが相当怖かったようで、彼らが出てくると、かあちゃんに抱きついてテレビから目をそらしていました。


さて、翌日。この日も雨だったので、またトトロでも見るかな(録画してあったナウシカは冒頭から怖がってしまいました)と思ったかあちゃん。すると、もうトトロの映画が始まっただけで号泣、大騒ぎです!


こりゃいかん、ということで、2回めのトトロはなしになりました。ジブリって考えてみればちょっと怖いよなぁ、この感じだとポニョも無理そうだなぁ、と思ったかあちゃんでした。



電車での帰省(2歳0ヶ月)

予定より一日遅れの帰省。今夏は、かあちゃんの実家に新幹線と特急を乗り継いで帰ります。かあちゃんと2人の電車帰省は今年が初めて。前回2人で帰省したときは、北海道から飛行機を乗り継いでだったのです。


きっと車内を歩き回ったりして大変だろうなと覚悟して乗った新幹線。ところが、結果的にとっても快適な旅になりました。


というのも、お隣が、7歳と5歳の女の子とそのおじいちゃんという顔ぶれで、行き先も一駅違いだったため、ほぼずーっとまめたろうと遊んでくれていたのです。


一緒におやつを食べたり、女の子たちの手作りクッキーをいただいたり、車内販売でじゃがりこを買ってもらってしまったり。また、まめたろうに買った新幹線のおもちゃで遊んだりしてくれました。


お姉ちゃんたちのほうが一駅先に降りるのですが、降りるときも手をにぎったりハイタッチしたり、楽しくバイバイ。次の駅まではすぐなので、降りる用意をしてすぐに乗り換え。あっというまの新幹線でした!


なお、まめたろうはたくさんの新幹線を駅でみれたことが相当嬉しかったのか、はじめて「しんかんせん」と正式名称で言えるように。いままでは「しんかん」だったのです。


残り1時間の特急は、隣の席には恵まれませんでしたが、動画を見たり、車内をうろうろしたり、うんちしたりしているうちに、あっというまに過ぎました。


思いがけず、楽しい移動になったのでした^_^